何か習い事を始めたい、始めた方が良いのかな、と思っても、具体的にコレがしたいというものが無いことがあります。漠然と、習い事をした方が良いのではないかという考えだけがある状態ですね。コレがしたい!と思える習い事が出来てから始める、というのがスムーズではあり ...

習い事は、子どもが将来何かをするときに役立ってほしい、糧にしてほしいという願いを込めて始めることが多いかと思います。習い事をすることは、子どものスキルを上げるだけではなく視野を広げる働きもしてくれますよね。しかし、習い事をすことは良い事ばかりではありませ ...

習い事を続けてると、これはいつまで続ければ良いの?という疑問が生じることがあるかもしれません。習い事は始めることがあれば、当然辞める事もあります。辞めるタイミングは当然本人次第ということになるわけですが、実は辞めるタイミングとして共通しているものもあるの ...

最近では、幼児期から何らかの教育を受けさせるということが珍しくなくなってきました。幼児期の子どもは吸収力が高いため、早く習い事を始めればそれだけ成果が出るのも早いということが理由ですね。しかし、幼児教育は早く始めれば良いとは限らないこともあります。早期か ...

幼児教育はどんどん早期化し、今では0歳から学べるものもあります。しかし、0歳から習い事をする、というのがあまりピンと来ない人も多いのではないでしょうか。0歳から学ぶことが出来る幼児教育にはどのようなものがあるのか、費用はいくらぐらいかかるのか、その実態をご紹 ...

子ども向けの習い事は、本当にたくさんの種類がありますよね。スポーツ系、音楽系、勉強系、それぞれの系統に10や20の選択肢があると思うと、コレがやりたい!という希望も多くなってしまうかもしれません。もちろん、子どもが習いたいと思う習い事は全てやらせてあげたいと ...

子どもに習い事をさせよう、そう考えた時、コレが良い、コレをして欲しいという希望はあるかと思います。しかし、その習い事が本当に子どもに合っているものなのか、ということは気になるところですよね。子どもに合っている習い事かどうか、それを見極めるには3つのポイント ...

書道や硬筆は、教室に行って習うというイメージを持っていませんか?確かに、先生の自宅等で子どもたちが正座をして字を書いている、という教室も多いわけですが、書道や硬筆は教室以外でも習うことが可能なのを知っているでしょうか。実は、書道や硬筆を自宅で習うことが出 ...

書道をするとき、その書き方から右利きじゃなければ書けない、左利きの子どもは出来ない、というイメージが強いかと思います。しかし、左利きだから書道が出来ないというわけではありません。確かに、書道はその書き方・トメ・ハネ・ハライの方法から右利きでなければ書きづ ...

習字を習うのであれば、自分がどのくらい上達したのかという客観的な指標が欲しいとは思いませんか?先生や親に褒めてもらうのも良いですが、自分でもはっきり分かる形で上達が見えると良いですよね。習字には、級・段というものがあります。教室が所属している協会によって ...

このページのトップヘ