W610Q75_2
人気の習い事は時代によっても変わってきますが、やはり、流行というのはチェックしておきたいところですよね。現在の人気ベスト5はどうなっているのでしょうか。

1位は水泳です。水泳は、泳げるようになることを目的とするというより、体力づくり、基礎体力アップを目的として習っている人が多いようですね。

全身運動になりますし全身のバランスを整える上でも効果があります。また、乳幼児からお年寄りまで年齢問わず行えるスポーツである点も人気の要因でしょう。

2位は英語・英会話です。小学校から英語教育がスタートするようになりましたし、これからは社会でも英語を話すことが求められます。早いうちからスタートし苦手意識を無くしたいという思いもあるようです。

3位はピアノです。ピアノ・音楽はリズム感や豊かな心を育てると言う点で昔から人気がある習い事ですね。親やりたかった、憧れがあったという理由が多いのもピアノの特徴かもしれません。

家での練習は音が気になるという場合も、ヘッドホン着用なら心配はないですからね。

4位は体操です。幼児期の運動能力は、今後の運動能力を大きく左右します。柔軟性や敏捷性、反射神経というのはすぐに身に付くものではありませんが、小さいころから繰り返し取り組むことで確実に身に付けることが可能です。

5位は学習塾・幼児教室です。将来を考えると、やはりある程度学力・学歴を重視する傾向にあることは確かです。小さいころから学力アップを図り、将来少しでも有利な選択が出来るようにと言う親の思いがあるわけです。

現在の習い事は、この5つが人気となっています。習い事は、時代によってその人気が変わってくることもあるのです。

★★★
子どもの塾費用が払えず今月ピンチ…でもローンカードがあるから大丈夫!
(私が参考にした記事→http://more-zeni.com/wife/
★★★

人気の習い事は勉強や運動と様々でしたが、実はある共通点があります。それが、「将来性」と「基礎能力の向上」を目的としている点です。

運動・勉強どちらにしても、子供が将来生かすことが出来るよう考えられています。基礎体力・バランス感覚を身に付けることは、将来スポーツをしなくても生活をする上で必要となってきますよね。

ケガを防ぐためにも、ある程度の運動能力は必要です。心肺機能を高めていれば、病気のリスクを下げることにも繋がります。

英語や幼児教室などの勉強は、がありますが、やはり将来少しでも有利になるよう、役立てるようにという目的が大きいでしょう。

また、その習い事が得意にならなくても、トップクラスにならなくても、基本的なことが分かっていれば学校で困らない、皆に置いて行かれない、苦手意識を持たないということに繋がります。

早めに基本をしっかりと身に着けておくことが、学校生活や将来・学歴に繋がるという考えもありますよね。

習い事の決め手に、「将来性」と「基礎能力アップ」が大きく影響していることは確かです。子供の為に、という親の思いがあるわけですね。

どの習い事にも、その子の能力を引き出す目的がありますよね。それを見極めて、自分の子供には何が必要か、どうなってほしいのか、それをしっかりイメージするようにしましょう。