W610Q75_91

日本舞踊を習う事に興味はあるけど、お金がかかりそう、実際お高いのでは?そんなイメージがあってなかなか踏み出せないという人は多いかもしれません。日本の文化である日本舞踊は、どうしても敷居が高い印象を持ちがちです。

しかし、日本舞踊は幼児期から習うことが出来るものですし、多くの教室でレッスンを行っています。決して手に届かないような習い事ではないのです。では、実際日本舞踊を習うのにどのくらいの費用が掛かるのかご紹介しましょう。

まず、入門金が発生します。このお金は入門時に支払うもので、その金額は10,000円という設定をしているところが多いですね。

次に月謝です。日本舞踊はレッスンではなくお稽古と言う事が多いわけですが、お稽古の回数によって金額が変わってきます。週1回のお稽古であれば、8,000円~10,000円が一般的な金額です。

教室によっては、週3回のお稽古が行われていることもあります。この場合は、12,000円~16,000円と金額が上がってきますね。幼児の場合は、多少割安になっているところも多いですが、10,000円前後が目安となると考えておけば良いでしょう。

お稽古はマンツーマンで行う場合と、グループで行う場合があります。グループの方が月謝は低くなってはいますが、幼児はマンツーマンで行った方が上達しやすいでしょう。

日本舞踊は簡単ではありませんし、細かなところまで注意を配らなければいけません。ですから、先生とつきっきりで指導を受けた方が、子どもも理解しやすいですし正しい動きを学びやすいのです。

日本舞踊を習うにあたって、着物を購入しなければいけないというイメージがある人もいるかもしれません。実際、お稽古を受けるときは練習着(浴衣)を着用することになるわけですが、この浴衣はレンタルしてくれる場合も少なくありません。

教室によっては、特に追加費用が掛かることなく貸し出してくれますから、一度確認しておくと良いでしょう。また、自分で持参しなければいけない場合でも、着物ではなく浴衣であれば大きな負担にはならないかと思います。

安いもので問題ありませんので、購入が必要になればインターネットやお店で探しておきましょう。

日本舞踊は、普通に習うだけであればそこまで高額な習い事ではありません。もちろん、他の習い事の月謝と比較すると少し割高にはなりますが、驚くような金額ではありませんよね。

しかし、日本舞踊の道を究めるとなると話は別です。舞踊家を目指すようであれば、会への出演が必要となります。この出演料は、数十万円が必要となる事もあります。

免状の取得にもお金がかかりますから、その道を極めようと思えば大きな出費が発生することもある、ということは覚えておきたいですね。しかし、これは日本舞踊に限った事ではありません。

どのような習い事でも、プロフェッショナルを目指そうと思えば有名な指導者の指導を受ける、レッスン回数が増えるなどでお金がかかります。ですから、日本舞踊だからお金がかかる、というわけでもないという事は知っていて下さい。