W610Q75_93

人気が出ている幼児向けの料理教室、興味はあるけどやっぱり気になってしまうのが「お金の問題」なのでは?実際どのくらいの費用が掛かるのか、何を準備する必要があるのか、どうしても気になってしまうものです。

幼児向けの料理教室の費用は、月謝と参加の都度支払うパターンに分かれます。まずは、月謝について紹介していきましょう。料理教室の月謝は、月に2回の受講でおよそ4,000円~5,000円というところですね。

参加の都度支払うパターンでは、1回あたり3,000円前後の参加料を支払う事が一般的です。通年での受講ではなく、数回の短期講座が開催されている事もありますが、その際も1回あたり3,000円×回数の金額を目安として考えてけば良いでしょう。

また、個人の料理教室では1回あたり2,000円前後と割安な設定になっている事もありますね。ただし、その日つくり料理によって金額が変わる事もありますので注意が必要です。

参加の都度支払うパターンの場合は、その都度申し込みをする必要があります。参加希望人数が多ければ、当然抽選もしくは先着順という事になってしまい参加出来ない場合もありますので気をつけておきましょう。

特に、イベントごとのメニュー(バレンタインやクリスマス、母の日等)の料理教室は希望者が増える傾向にあります。こまめに情報をチェックしておきたいですね。

大手の料理教室の場合は、月謝や参加費の中にエプロン代、材料代、テキスト代などが全て含まれていることがほとんどです。つまり、追加での費用支払いは発生しないという事ですね。

一方、個人の料理教室ではエプロンや三角巾を持参しなければいけないこともあります。材料代が、メニューごとによって徴収されることもあるでしょう。

何が必要になるのかと言う点については、教室に通う前にしっかりと確認しておく必要がありますね。その際は、臨時徴収の有無、そしてその金額の目安を聞いておくと良いでしょう。

また、幼児料理教室では子どもだけで習うことが出来る教室と、親も参加して習うことが出来る教室があります。同じ教室でも、幼児コースと親子コースが分かれていることもありますね。

親子で参加するコースは、子どもと一緒に料理をするという楽しみがあります。当然、親の分の参加費も支払わなければいけません。

親子料理教室は、通年で行われているものもありますが、その都度参加者を募集していることも少なくありません。普段は子どもだけ料理教室に通っていたとしても、予定が合う日があれば親子料理教室に参加してみるというのも良いですね。

親と子どものコミュニケーションの場にもなりますし、子どもの成長を見る機会にもなります。もちろん、最初から幼児料理教室に通わせるのではなく、まずは親と一緒に料理を楽しむことがから始めてもOKです。

1回あたりの参加費を考えると、料理教室は安い習い事ではありません。しかし、子どもが楽しく料理を学べる環境を作ってあげると考えると、そこまで大きな出費ではないかもしれませんよ。