W610Q75_96

子どもの習い事には色々なものがあります。珍しいものも増えてきましたね。その1つがレゴスクールです。レゴというのは、有名なブロックのおもちゃですね。知っている人、持っているという人も多いでしょう。

このレゴを使った幼児教室が、密かな人気となっているのです。おもちゃで勉強をする、学ぶというのはイメージがしづらいかもしれません。そこで、レゴを使った幼児教室の内容、身に付く力についてご紹介していましょう!

まず、レゴ教室でどのような事を行うのかについて紹介します。レゴ教室では、与えられたテーマに合う作品を自分で作り上げるという作業を行っていきます。

テーマから作品をイメージする、そしてイメージしたものを作り上げていくわけですね。イメージをする発想力、想像力だけでなく、実際に作り上げていく創造力も必要となります。

イメージは出来ても、それを具現化する、表現することは簡単ではありません。しかし、レッスンを重ねていくことで、どこをどうすればその形になるのか分かるようになり、表現することが出来るようになるのです。

上手に作ることが出来たときは、大きな達成感を得られるでしょう。問題解決の為に努力すること、そして諦めない心も育てることが出来ますね。

また、自分の作品だけでなく友だちの作品を見ることで、刺激を受けることが出来ます。こんな考え方があるんだ、表現方法があるんだ、ということを知れば、あたらな発想に繋がりますよね。

他人の考えを認めることや、協調性を育てるのもレゴ教室の魅力なのです。だからこそ、幼児期のうちに始めることが望ましいとも言えますね。

レゴ教室では、教材としてレゴのセットを購入することになります。教室で使用するのと同じセットが自宅にあることで、教室で行ったことの復習や確認が出来ます。

また、同じテーマでも帰宅すると新たな考え・イメージが沸くことがありますよね。手元にレゴがあれば、それをすぐに表現することが可能です。

イメージしても実際に作ることが出来るとは限りません。だからこそ、イメージしたものをすぐに形にするということが大切なのです。繰り返すことで、確実に表現する力、創造する力は身に付きますからね。

教材も、ずっと同じものを使用するわけではありません。クラスやレベルに応じて、新たな教材を得ることが出来ます。創造の幅が広がるわけです。

レゴは、普段生活しているだけでは身に付けることが難しい力を育てるのに効果的です。もちろん、自宅でレゴを購入して遊ぶことでも、ある程度の想像力・創造力は身に付けることが出来ます。

しかし、教室で指導を受ける、友だちと一緒に作業をすることが、効果的に力を引き出すことが出来るというのも事実です。レゴ教室、気になったらまずは自宅近くの教室をチェックしてみてください。

家では出来ない体験をすることは、子どもにとって良いことです。親や兄弟と一緒に過ごす、遊ぶという事も大切ですが、外での刺激を与える事も大切だということを覚えていてくださいね。